飼い主適正検査 犬のしつけ編のページ 『わんStepドットコム』

お気に入りに登録
メインメニュー
トップ
経営理念とこだわり
子犬のお問い合わせ
子犬出産情報
        チワワ
        
トイプードル
        
Mダックス
        
柴犬
■子犬お探しサービス
購入までのステップ
通販規約
ネット通販が不安な方へ
お客様アルバム
■プライバシーポリシー
サイトマップ
自動相互リンク登録
自動相互リンク集
リンク集(犬・ペット関連)
リンク集(その他)
お役立ちメニュー
子犬購入前の注意事項
■ベストな子犬の選び方

衝動買いは要注意
認定ブリーダー
通販Vsペットショップ
悪徳ブリーダーって?
愛犬と泊まれるホテル
ドックランって?
上手な子犬の育て方
生体保証制度について
飼育承諾確認について
犬の病気について
ペットのマイクロチップ
よくある質問
犬のしつけ
     
無駄吠え
     
飛びつき癖
     
噛み癖
     
引っ張り癖
     
食糞
     ■アイコンタクト
■犬の心理学
     ■行動心理
     ■しぐさ心理
     ■ポーズ心理

ペット施設情報
     
ドッグラン
     
犬同伴ホテル
     
ドッグカフェ
     
良い獣医
     
犬しつけ訓練
犬のきもち
     
穴掘り
     
吠える
     
喧嘩する
     
草を食べる
     
顎乗せ
     
こすりつけ
     
ウンチのとき
飼い主の適正チェック
     信頼関係
     
しつけ
     
健康管理
     
お手入れ
     
マナー
ドッグフードについて
     
フードのタイプ
     
フードの量
     
フードの回数
犬の病気について
     
子犬の病気
     
老犬の病気
     
小型犬の病気
     
大型犬の病気
     
タイプ別病気
お店のページ
店長のブログ
スタッフ紹介
◆飼い主としての適性検査◆ しつけ編
これから子犬を購入しようと思っているあなた・・・またはすでに犬と暮らしているあなた。
いずれの場合においても、飼い主としての自覚と適正がなければ犬との素敵な関係は
構築できません。
ただ可愛いからだけでは人間社会での共存は難しいと考えてください。
その上で、以下の内容を今一度確認し、子犬を新たな家族として迎えてください。
また今、すでに犬と暮らされている方においては、今一度チェックしていただき、
飼い主としてのモラルをさらに向上させてください。
【飼い主としての最低限の使命とは・・・】
@犬との信頼関係(アイコンタクト、コミュニケーション、服従など)
A犬のしつけ(トイレ、指示命令、問題行動の回避)
B犬の健康管理(最低限の犬の医学、フード、運動、ワクチンなど)
C犬のケア(シャンプー、爪きり、衛生管理など)
D飼い主としてのマナー(お散歩、排泄物の始末、他の犬との接点など)
【よい飼い主になるために】
たとえペットであれ、共に暮らすためには家族同様の対応は当たり前と考えてください。
つまり子供が一人増えたことと同じということです。
健康管理はもちろんのこと、人間社会で共存するための飼い主としてのマナーを
守れることと、犬にも人間と共存するためのマナーを教えていくことです。
そして何よりも大切なのは、犬のきもちを理解するということ。
この三点がクリアされればあなたは間違いなくすばらしい飼い主となります。
◆健康管理・・・・・保護者としての最低限の責任
◆監督・・・・・・・・・事故防止や他人に迷惑をかけないための責任
◆保護・・・・・・・・・犬を危険から保護する責任
しつけ

犬との信頼関係
【飼い主の指示にどれだけ従えるかのチェック】
@お座りと号令したら犬は?
 たいていの犬は基本的な芸として、まずこのお座りを教えます。
 単純になにげなく教えているこのお座りですが、芸としてではなくさまざまな場面でも必要なことなのです。
 家の中ではできても、外に出るとできない犬もいますし、まったく教えていない飼い主さんもいます。
 他の犬と興奮してしまったときや、信号待ちで待機させる際にも、このお座りという基本的なしつけは
 教えてあげるというよりも、むしろしつけの基本だと思ってください。
Aオイデの指示に対して犬のその反応は?
 呼んだらすぐに来る・・・これは飼い主であれば誰もがしつけたいことです。
 室内であればまだいいのですが、外に出ると飼い主の目の届く範囲も限界があります。
 通常はリードしていてもドッグランなどではノーリードで自由に走り回ります。
 夢中になって遊びまわる傍ら、遠くまで行ってしまい、あげくのはてに戻ってこられなくなってしまったり、
 号令の意味がわからず戻れなくなり迷子になってしまうこともあるはずです。
 日常のしつけの中で、リードをつけながらで結構ですので、ある一定の距離を置きながら、
 そのままステイさせおいでの号令によって来るようにしつけます。
 名前を呼んでアイコンタクトして、おいでの号令で犬を誘導します。
 距離を少しずつ長くして徐々においでの意味を理解させ、うまくできればご褒美をあげます。
B待ての号令に対する犬の反応は?
 飼い主がその場を離れても待つことができる犬もいれば、飼い主の姿が見えればできる犬もいます。
 動物病院やドッグカフェに行ったときなどは、この待て!という行動をしつけることがとても役立ちます。
 また興奮したり、勝手な行動をしてしまう際にも、この待てという行為は事故防止の意味からも大切です。
 お座りのしつけができるようになったら、次はこの待てをぜひ教えてあげてください。
Cハウスの指示で愛犬の行動は?
 留守番をさせるときや、普段は必要がなくても、万一の災害時や入院時にはクレートやケージに
 入らなければならないことも生じてきます。
 災害時には避難所に連れて行けるペットの条件としても掲げられているほどです。
 何よりもハウスが楽しいところだと理解させることが一番なのです。
 嫌がって入らなければ、ジャーキータイプのオヤツをハウスに入れて、ここに入るといいことがあると
 認識させながら徐々に慣らせていきます。
D愛犬の排泄をコントロールできるか?
 これはちょっと高度なしつけです。
 生理現象におけるしつけですので、なかなか難しいですが、トイレトレーニングの応用編と思ってください。
 お散歩中などで排泄させたくない場所や、安全な場所で排泄できるということは、飼い主にとっても
 マナーのひとつとして身につけておけばベストです。
 犬のしたいところを選ばすということも確かですが、迷惑をかけそうな場所もあることは事実です。
 歩行者天国のど真ん中で仮にウンチをしてしまったら、まわりの人はどう感じるでしょう?
 トイレシートで慣らせている方は、最初は外のお散歩時にトイレシートを持参して訓練してください。
 適当な場所で広げると同時に、『チッチ』などの号令によって排泄させてみてください。
 うまくできたらご褒美をあげるようにします。
 犬はチッチという号令とオシッコを関連付けて覚えていきますので、それが理解できれば
 外であってももうトイレシートは必要なくなります。
→適正検査 信頼関係編のページへ
→適性検査 しつけ編のページへ
→適性検査 健康管理編のページへ
→適性検査 お手入れ編のページへ
→適正検査 マナー編のページへ
→適性検査 トップのページへ