飼い主適正検査 犬との信頼関係編のページ 『わんStepドットコム』

お気に入りに登録
メインメニュー
トップ
経営理念とこだわり
子犬のお問い合わせ
子犬出産情報
        チワワ
        
トイプードル
        
Mダックス
        
柴犬
■子犬お探しサービス
購入までのステップ
通販規約
ネット通販が不安な方へ
お客様アルバム
■プライバシーポリシー
サイトマップ
自動相互リンク登録
自動相互リンク集
リンク集(犬・ペット関連)
リンク集(その他)
お役立ちメニュー
子犬購入前の注意事項
■ベストな子犬の選び方

衝動買いは要注意
認定ブリーダー
通販Vsペットショップ
悪徳ブリーダーって?
愛犬と泊まれるホテル
ドックランって?
上手な子犬の育て方
生体保証制度について
飼育承諾確認について
犬の病気について
ペットのマイクロチップ
よくある質問
犬のしつけ
     
無駄吠え
     
飛びつき癖
     
噛み癖
     
引っ張り癖
     
食糞
     ■アイコンタクト
■犬の心理学
     ■行動心理
     ■しぐさ心理
     ■ポーズ心理

ペット施設情報
     
ドッグラン
     
犬同伴ホテル
     
ドッグカフェ
     
良い獣医
     
犬しつけ訓練
犬のきもち
     
穴掘り
     
吠える
     
喧嘩する
     
草を食べる
     
顎乗せ
     
こすりつけ
     
ウンチのとき
飼い主の適正チェック
     信頼関係
     
しつけ
     
健康管理
     
お手入れ
     
マナー
ドッグフードについて
     
フードのタイプ
     
フードの量
     
フードの回数
犬の病気について
     
子犬の病気
     
老犬の病気
     
小型犬の病気
     
大型犬の病気
     
タイプ別病気
お店のページ
店長のブログ
スタッフ紹介
◆飼い主としての適性検査◆ 信頼関係編
これから子犬を購入しようと思っているあなた・・・またはすでに犬と暮らしているあなた。
いずれの場合においても、飼い主としての自覚と適正がなければ犬との素敵な関係は
構築できません。
ただ可愛いからだけでは人間社会での共存は難しいと考えてください。
その上で、以下の内容を今一度確認し、子犬を新たな家族として迎えてください。
また今、すでに犬と暮らされている方においては、今一度チェックしていただき、
飼い主としてのモラルをさらに向上させてください。
【飼い主としての最低限の使命とは・・・】
@犬との信頼関係(
アイコンタクト、コミュニケーション、服従など)
A犬のしつけ(トイレ、指示命令、問題行動の回避)
B犬の健康管理(最低限の犬の医学、フード、運動、ワクチンなど)
C犬のケア(シャンプー、爪きり、衛生管理など)
D飼い主としてのマナー(お散歩、排泄物の始末、他の犬との接点など)
【よい飼い主になるために】
たとえペットであれ、共に暮らすためには家族同様の対応は当たり前と考えてください。
つまり子供が一人増えたことと同じということです。
健康管理はもちろんのこと、人間社会で共存するための飼い主としてのマナーを
守れることと、犬にも人間と共存するためのマナーを教えていくことです。
そして何よりも大切なのは、犬のきもちを理解するということ。
この三点がクリアされればあなたは間違いなくすばらしい飼い主となります。
◆健康管理・・・・・保護者としての最低限の責任
◆監督・・・・・・・・・事故防止や他人に迷惑をかけないための責任
◆保護・・・・・・・・・犬を危険から保護する責任
しつけ

犬との信頼関係
【犬との信頼関係のチェック】
@愛犬からアイコンタクトはあるか?
 ふと気がつくと愛犬がこちらを見ていることはありますか?
 信頼関係が高くなると犬は自分から飼い主のほうを見つめるようになります。
 逆に信頼関係がなければ呼んでも無視したり、そっぽを向いてしまいます。
A愛犬の身体を触れたときにどういう対応をしますか?
 犬にとって身体を触れさすという行為は基本的には信頼度が高い場合に許す行為です。
 身体のどこを触っても平気な犬と、触らせる部分の特定がある場合などさまざまです。
 特に犬は口の周りや急所、そして肉球を触られるのは好きではありません。
 しかし信頼している飼い主であれば、身体中どこでも触らせてくれるものなのです。
B散歩しているときにいつものルートと異なったルートを歩いた場合の犬の反応は?
 信頼している飼い主さんとのお散歩は楽しいと感じている犬は、どのルートでも
 きちんとついてきますが、信頼していないと抵抗して動かなくなったり、嫌々ついてきたりします。
 信頼関係とは常にあなたがリーダーですので犬まかせのお散歩は避けなくてはなりません。
 この人なら安心と犬が思っていれば犬は間違いなくどこでもあなたについていきます。
Cくわえている物を取ろうとすると犬の反応は?
 犬の性格は一度口にしたものは自分のものという考え方です。
 食べ物を取られるという不安感と同様の想いがあると理解してください。
 しかし、それがオモチャなどであり、それによって信頼している飼い主と遊べるという認識が
 あれば『アウト!』という号令によって放してくれます。
 一度くわえて放したものでも必ず返してもらえるという信頼関係が大切なのです。
 ですからアウトさせても、しばらくしたらまたそれで遊んであげたり、
 くわえたものを放したら大げさに褒めてあげてオヤツを与えることによって
 信頼関係は強くなっていきます。
Dくつろいで横たわっている犬をどかしたらその時の犬の反応は?
 犬が安心して横たわっている場所というのは大体決まってきます。
 部屋の中であればソファーのある場所であったり、屋外であれば庭の決まった場所
 であったり、犬には犬なりにお気に入りの場所というのがあるものなのです。
 その気に入った場所を飼い主の指示で明け渡すかどうかが信頼関係が影響してきます。
 中にはうなったり、踏ん張ったりして抵抗する犬もいるはずですが、信頼関係が
 強ければ、たとえ寝ていてもその場から動いてくれるものです。
◆信頼関係を築くポイント◆
@楽しさというキーワード
 愛犬との遊びを通じて一緒に運動したり、じゃれたりすることによって、犬がこの人といると楽しい
 という認識をすることがまずはスタートです。
 その関係ができるようになると、トレーニングも円滑に進められ、あらゆるしつけもしやすくなってきます。
A安心というキーワード
 人間でも危険から身を守ってもらえる存在は信頼し安心であるのと同様に
 犬にとっても飼い主さんが常に自分を守ってくれるという頼れる存在こそが
 信頼関係にも影響してくるものです。
B食事というキーワード
 犬にとって食べ物をくれる人は生命を維持する上でかけがえのない存在なのです。
 しかし、その食事を与え方に注意していきましょう。
 みなさんの中には、食事を与える際に、ボンと与えてその場を立ち去ってしまうような方はいらっしゃりませんか?
 それは今から改善していってください。
 食事は必ず犬の目の前で用意をして与えてください。
 そうすることによって、犬の心理は『食事をくれる人』という大切な存在要素を
 認識していき、それによって信頼関係も強くなってきます。
→適正検査 信頼関係編のページへ
→適性検査 しつけ編のページへ
→適性検査 健康管理編のページへ
→適性検査 お手入れ編のページへ
→適正検査 マナー編のページへ
→適性検査 トップのページへ