飼い主適正検査 犬の健康管理編のページ 『わんStepドットコム』

お気に入りに登録
メインメニュー
トップ
経営理念とこだわり
子犬のお問い合わせ
子犬出産情報
        チワワ
        
トイプードル
        
Mダックス
        
柴犬
■子犬お探しサービス
購入までのステップ
通販規約
ネット通販が不安な方へ
お客様アルバム
■プライバシーポリシー
サイトマップ
自動相互リンク登録
自動相互リンク集
リンク集(犬・ペット関連)
リンク集(その他)
お役立ちメニュー
子犬購入前の注意事項
■ベストな子犬の選び方

衝動買いは要注意
認定ブリーダー
通販Vsペットショップ
悪徳ブリーダーって?
愛犬と泊まれるホテル
ドックランって?
上手な子犬の育て方
生体保証制度について
飼育承諾確認について
犬の病気について
ペットのマイクロチップ
よくある質問
犬のしつけ
     
無駄吠え
     
飛びつき癖
     
噛み癖
     
引っ張り癖
     
食糞
    アイコンタクト
■犬の心理学
     ■行動心理
     ■しぐさ心理
     ■ポーズ心理

ペット施設情報
     
ドッグラン
     
犬同伴ホテル
     
ドッグカフェ
     
良い獣医
     
犬しつけ訓練
犬のきもち
     
穴掘り
     
吠える
     
喧嘩する
     
草を食べる
     
顎乗せ
     
こすりつけ
     
ウンチのとき
飼い主の適正チェック
     信頼関係
     
しつけ
     
健康管理
     
お手入れ
     
マナー
ドッグフードについて
     
フードのタイプ
     
フードの量
     
フードの回数
犬の病気について
     
子犬の病気
     
老犬の病気
     
小型犬の病気
     
大型犬の病気
     
タイプ別病気
お店のページ
店長のブログ
スタッフ紹介
◆飼い主としての適性検査◆ 健康管理編
これから子犬を購入しようと思っているあなた・・・またはすでに犬と暮らしているあなた。
いずれの場合においても、飼い主としての自覚と適正がなければ犬との素敵な関係は
構築できません。
ただ可愛いからだけでは人間社会での共存は難しいと考えてください。
その上で、以下の内容を今一度確認し、子犬を新たな家族として迎えてください。
また今、すでに犬と暮らされている方においては、今一度チェックしていただき、
飼い主としてのモラルをさらに向上させてください。
【飼い主としての最低限の使命とは・・・】
@犬との信頼関係(アイコンタクト、コミュニケーション、服従など)
A犬のしつけ(トイレ、指示命令、問題行動の回避)
B犬の健康管理(最低限の犬の医学、フード、運動、ワクチンなど)
C犬のケア(シャンプー、爪きり、衛生管理など)
D飼い主としてのマナー(お散歩、排泄物の始末、他の犬との接点など)
【よい飼い主になるために】
たとえペットであれ、共に暮らすためには家族同様の対応は当たり前と考えてください。
つまり子供が一人増えたことと同じということです。
健康管理はもちろんのこと、人間社会で共存するための飼い主としてのマナーを
守れることと、犬にも人間と共存するためのマナーを教えていくことです。
そして何よりも大切なのは、犬のきもちを理解するということ。
この三点がクリアされればあなたは間違いなくすばらしい飼い主となります。
◆健康管理・・・・・保護者としての最低限の責任
◆監督・・・・・・・・・事故防止や他人に迷惑をかけないための責任
◆保護・・・・・・・・・犬を危険から保護する責任
しつけ

犬との信頼関係
【犬の健康管理のチェック】
@犬が食べてはいけないものは?
 人がお菓子や食事をしているときに、愛犬が目をウルウルさせて『ちょうだい!』というしぐさを見ると
 思わずあげてしまいたくなるものです。
 しかし、犬には基本的にドッグフードのみという習慣をつくるべきであり、同時に絶対にあげてはならない
 食べ物も知っておくのが飼い主の責任でもあります。
 たとえ飼い主が与えなくても、よくないものは置きっ放しにしないなど注意を図ることも重要なのです。
 絶対に与えてはならない食べ物とは・・・ネギ、玉ねぎ、ニラ、チョコレートなどです。
 これらを食すると死に至ることもありますので十分注意が必要です。
 万一、誤って食べてしまったときには、すみやかに獣医さんにかかってください。
A狂犬病予防ワクチンと混合ワクチンの接種は?
 狂犬病の予防ワクチンは、年に一度の接種義務と法律で決まっています。
 混合ワクチンは場所や生活環境によって異なるため、獣医と相談する必要があります。
 たとえば、都心の中で普段は近所のお散歩だけという場合は5種混合でいいかもしれませんが、
 山や川などにキャンプに行ったりすることがある場合は、8種以上の接種が適当と思われます。
 いずれにせよ、飼い主さんの生活環境や犬とのライフスタイルによって獣医と相談してください。
Bフィラリアの予防薬は飲ませているか?
 フィラリアは蚊を媒体として犬の心臓に寄生し、死に至らしめる非常に危険な病気です。
 以前はフィラリアにかかって死んでしまう犬が非常に多かったのですが、近年の医療の進歩により、
 最近では4月から12月まではフィラリアの予防薬を飲ませることによって、
 かなりの確立で予防できるようになってきました。
 獣医師にかかり、まず血液検査の後、体重を量り、その体重によって薬が異なることもあります。
 薬を飲めない犬の為に、ジャーキータイプの薬もありますが、できれば錠剤で飲ませる習慣を
 つくっていったほうが費用的にも安くなります。
 費用は大体、一錠が1200円前後で9ヶ月分を処方してもらうため、約10000円強はかかると
 思っていただければと思います。(一錠ずつの処方も可能ですが毎月だと忘れたりして面倒ですので)
C愛犬の体重は毎月チェックしているか?
 愛犬の体重は人間同様に犬の健康を測る指標でありバロメーターでもあります。
 少なくとも月に一度は計測しておくことをお勧めします。
 体重の測定はご家庭の体重計でも簡単にできますが、犬がじっとしていないので手こずることも
 多々あるようです。
 その際には、飼い主さんが抱っこして体重計に乗り、後で自分の体重を差し引いてください。
 大型犬の場合は、なかなか難しいので獣医師での測定がいいと思います。
D愛犬のフードや量に関しては適正か?
 健康維持や肥満防止のために、愛犬にはその犬に合ったフードを適量で与えていますか?
 基本的に犬というのは、フードにしても食べ物にしても、あげたらあげただけ食べてしまいます。
 よくトイプードルで小ぶりと言われて購入したが、大きくなってしまったという方もいらっしゃいますが、
 これらはフードの与え方や運動量にも影響が及んでいるケースも多々あります。
 子犬の場合は離乳から月齢12ヶ月までのフード、老犬の場合はシニアフードなど、その犬にあった
 フードをきちんと適量で与えることがベストです。
 また、アレルギー体質の犬などにおいても、アレルギー体質用のフードもありますので、
 その犬に合ったフードを選択してください。
 また手作り食などの場合は、カロリーや栄養バランスも考慮して与えることが大切です。
→適正検査 信頼関係編のページへ
→適性検査 しつけ編のページへ
→適性検査 健康管理編のページへ
→適性検査 お手入れ編のページへ
→適正検査 マナー編のページへ
→適性検査 トップのページへ