子犬の衝動買いは要注意 『わんStepドットコム』

お気に入りに登録
メインメニュー
トップ
経営理念とこだわり
子犬のお問い合わせ
子犬出産情報
        チワワ
        
トイプードル
        
Mダックス
        
柴犬
■子犬お探しサービス
購入までのステップ
通販規約
ネット通販が不安な方へ
お客様アルバム
■プライバシーポリシー
サイトマップ
自動相互リンク登録
自動相互リンク集
リンク集(犬・ペット関連)
リンク集(その他)
お役立ちメニュー
子犬購入前の注意事項
■ベストな子犬の選び方

衝動買いは要注意
認定ブリーダー
通販Vsペットショップ
悪徳ブリーダーって?
愛犬と泊まれるホテル
ドックランって?
上手な子犬の育て方
生体保証制度について
飼育承諾確認について
犬の病気について
ペットのマイクロチップ
よくある質問
犬のしつけ
     
無駄吠え
     
飛びつき癖
     
噛み癖
     
引っ張り癖
     
食糞
     ■アイコンタクト
■犬の心理学
     ■行動心理
     ■しぐさ心理
     ■ポーズ心理

ペット施設情報
     
ドッグラン
     
犬同伴ホテル
     
ドッグカフェ
     
良い獣医
     
犬しつけ訓練
犬のきもち
     
穴掘り
     
吠える
     
喧嘩する
     
草を食べる
     
顎乗せ
     
こすりつけ
     
ウンチのとき
飼い主の適正チェック
     信頼関係
     
しつけ
     
健康管理
     
お手入れ
     
マナー
ドッグフードについて
     
フードのタイプ
     
フードの量
     
フードの回数
犬の病気について
     
子犬の病気
     
老犬の病気
     
小型犬の病気
     
大型犬の病気
     
タイプ別病気
お店のページ
店長のブログ
スタッフ紹介
◆子犬の衝動買いに注意◆
子犬を選ぶということは、このあと10年から長ければ20年も一緒にいる
パートナーを探すと言うことです。
今、この子犬が人気だから。
この子犬を連れて歩いたらかっこいいから。
そんな気持ちだけでパートナーを飼ってしまったら、
子犬にとってもあなたにとっても不幸な結果になることもあるので要注意です!
よくペットショップに行くとこんな光景を目にします。

例えば…、ウィンドウショッピングをしながらペットショップの前を通ったその時。

「この子犬かわいい!」
「ワンちゃんってこんな値段で買えるの?安ーい!」
「ねえ、買って行こうか!」
見ると、それはゴールデンレトリーバーの赤ちゃん。
一時期の大型犬ブームも去った今、大分、求めやすい金額になっているのは
ご存知の通りですよね。
「あれれ、あの人買っちゃったよ!大丈夫かな?」
そんな風に心配するのはお節介かも知れませんが、でもはたしてこの人は、
今ケージに入っている小さなかわいいこの子が、1年も経たない間に
30kg
近くまで大きくなってしまうのを知っているのでしょうか?
季節の変わり目には、毛がごっそりと抜けるのを知っているのでしょうか?
バケツ1ぱいくらい抜けるんですから!
もしかして毎年恒例だった1週間のお泊まり家族旅行あったとしたら、
今後中止になるかも知れないことに納得できるのでしょうか?
(もちろん、ペットシッターやペットホテルを利用する手もあるし、
一緒に連れて行く手もあります)
この辺の話はともかく、今すぐに買って帰るのは良いとしても家には犬小屋や、
フード入れ、 その他犬用のグッズはそろっているのでしょうか?・・・。
これがいわゆる「衝動買い」ってヤツです。
こんなことにならないように、「単なる人気に左右されず」ましてや
「衝動買いにならない」ように自分にぴったりあった犬を探すコツを考えることも
必要なのです。

【動物愛護法と我々の使命】

「強化された法規制」と言うものの、まだまだ不備な点も感じています。
例えば、「販売店は
2日間以上にわたって、外見上判別できる健康状態を
目視で確認する」
とありますが、一方でストレスを与えないことを
謳っています。
通販の場合は、一旦引き取りその後にお客様にお届けするとしたら、
環境変化が
2回発生することになり子犬にとって大変なストレスになります。

健康状態をチェックすることが目的なら、獣医師の健康診断書の添付を
必須にするなどの措置を優先すべきでしょう。
また、親犬、兄弟犬と過ごす社会化期を「適切な期間」と謳い、
特定しないのもおかしなことです。
また今回の法改正では、繁殖業者に対しても具体的な強化策が打出されて
います。
例えば、「母体に過度な負担を与えないよう、繁殖回数を適切にすること」
や「計画繁殖を行うようにすること」などです。
イギリスのように具体的な数値で示していない点が今一歩ですが、
大きな進歩と感じています。
さらに、繁殖者の「違反が確認された場合は取引を行わないこと」と
謳われており、一段と優良ブリーダーの選別が必須となって参りました。
これも当然の流れであり、不良ブリーダーを締め出すには大歓迎です。
くれぐれも衝動買いに走ることのないようにご注意ください。
わんStwpドットコムで子犬、子猫をご購入される場合は、
飼養承諾確認書」のご提出を必須としており、
これに記載の
10項目が1点でも満たされない場合、
子犬、子猫を飼育することはできないと考え販売はお断りしております。

安易に犬、猫を買われるのでなく、大事なパートナーを生涯面倒見るという
基本姿勢が必要と考えるからであり、人も犬も猫も不幸な結果になることを
事前に防止したいからです。
そのために必要とされる基本知識や簡単なしつけ方など、
何でもアドバイスさせていただきます。
ペットブームの陰で、年間約
65万頭の犬、猫が殺処分されているのは、
全て人間のわがままからであり、社会問題になっています。
動物愛護センターには、ダックスフンド、トイプードル、チワワ、
シーズー、マルチーズなど小型犬や子猫が多数収容されています。
迷子や何かしらの事情で飼えなくなったケースです。
この問題を解決するには、「ブリーダー」「ペットショップ」「飼養者」の
3者間でお互いに自己チェックし合うことから始めるべきと考えております。
規制を遵守し正しい売り方に努め、販売前にお客様へ飼養承諾の確認をとり、かつ指導して行く、これは、日本ペットショップ協会代理店すべての
「法規制遵守=ベストパートナー探し」へのこだわりなのです。

動物愛護法の基本原則
犬猫に限らずすべてのペットは生きものです。
以下に動物愛護法の「基本原則」と「動物の飼い主等の責任」を掲載
しておきます。

この基本原則の上に、さまざまな法規制が強化されて来ました。

【基本原則】

すべての人が「動物は命あるもの」であることを認識し、みだりに動物を
虐待することの
ないようにするのみでなく、人間と動物が共に生きていける
社会を目指し、動物の習性をよく知ったうえで適正に取り扱う。

【動物の飼い主等の責任】

動物の飼い主等は、動物の健康と安全を確保するように努め、 動物が人の
生命等に害を
加えたり、迷惑を及ぼすことのないように努めなければ
なりません。
また、動物による感染症について正しい知識を持つ
とともに、動物が自分の
所有であることを明らかにするための措置を講ずるよう努めなければ
なりません。
さらに、繁殖を希望しない犬または猫の飼い主は、 不妊あるいは
去勢手術等繁殖制限の措置を行うように努めなければなりません。

以上をご覧になってどう思われますか?
動物は「命あるもの」と規定しているからには、
なぜ命を落としているのかに対して言及し、その点から飼い主側と
販売業者の双方に対してもっと強い姿勢があっても良いのでないかと
考えます。
原点は「命あるもの」がなぜ短命であったり、捨てられたりしているのか、
つまり流通面にもメスを入れていかなければ欧米並みにならないはずです。