犬のしつけについて 『わんStepドットコム』

お気に入りに登録
メインメニュー
トップ
経営理念とこだわり
子犬のお問い合わせ
子犬出産情報
        チワワ
        
トイプードル
        
Mダックス
        
柴犬
■子犬お探しサービス
購入までのステップ
通販規約
ネット通販が不安な方へ
お客様アルバム
■プライバシーポリシー
サイトマップ
自動相互リンク登録
自動相互リンク集
リンク集(犬・ペット関連)
リンク集(その他)
お役立ちメニュー
子犬購入前の注意事項
■ベストな子犬の選び方

衝動買いは要注意
認定ブリーダー
通販Vsペットショップ
悪徳ブリーダーって?
愛犬と泊まれるホテル
ドックランって?
上手な子犬の育て方
生体保証制度について
飼育承諾確認について
犬の病気について
ペットのマイクロチップ
よくある質問
犬のしつけ
     
無駄吠え
     
飛びつき癖
     
噛み癖
     
引っ張り癖
     
食糞
     ■アイコンタクト
■犬の心理学
     ■行動心理
     ■しぐさ心理
     ■ポーズ心理

ペット施設情報
     
ドッグラン
     
犬同伴ホテル
     
ドッグカフェ
     
良い獣医
     
犬しつけ訓練
犬のきもち
     
穴掘り
     
吠える
     
喧嘩する
     
草を食べる
     
顎乗せ
     
こすりつけ
     
ウンチのとき
飼い主の適正チェック
     信頼関係
     
しつけ
     
健康管理
     
お手入れ
     
マナー
ドッグフードについて
     
フードのタイプ
     
フードの量
     
フードの回数
犬の病気について
     
子犬の病気
     
老犬の病気
     
小型犬の病気
     
大型犬の病気
     
タイプ別病気
お店のページ
店長のブログ
スタッフ紹介
◆犬のしつけについて◆
今、愛犬と一緒に暮らしている方、またはこれから子犬を迎えられる方
犬との暮らしの中で一番大切であり、また悩まれていることは『しつけ』です。
まず、『しつけ』の意義をしっかりと理解することからはじまります。
『しつけ』とは・・・やっていいことと、やってはいけないことを教えることです。
そして犬のしつけとは・・・人間社会の中で、
犬が安全かつ健全な生活環境を実現するために、
人間社会のルールを教えていくことなのです。
【基本的な心構え】
◆しつけの基本は愛情
昔はよく犬のしつけは体罰を以ってしつけるという慣習もあったようですが、
現代のしつけの基本は体罰は逆効果になりかねません。
それは体罰をうけることにより、余計な恐怖感を植えつけ、
それが犬自身のトラウマになってしまうからなのです。
たとえばトイレシート以外のところでオシッコをしてしまったとしましょう。
そこに飼い主が現場で体罰を行ったとします。
飼い主はトイレシート以外のところでオシッコをしてはいけないと叱ったつもりが、
そのときの犬の受け取り方はさまざまなのです。
また、ミニチュアダックスのように胴長の犬は自分ではトイレシートの上に足を乗せている
つもりが胴が長いために少しはずしてしまうなど思いがけない粗相があります。
〔犬のきもち〕
@オシッコをすると痛いことがある→オシッコを我慢するようになる。
Aトイレシートの上でしたのに叱られた→どこでしたらようのかわからなくなる。

こんな感じで、人間が思っている以外の行動になるケースも多々あります。
犬をしつけていく上で、一番大切なのは犬の気持ちになって接していく愛情です。
飼い主に従順に応えてきちんとできたときには大げさに褒めてあげることが大切です。
犬は飼い主の微妙な感情の変化も敏感に感じ取れることができるといわれています。
犬のきもちを理解するということは、犬が本来持ち合わせている習性を、
まずは理解していくことからはじめていきましょう。
◆スキンシップを大切に
家族をはじめたくさんの人から撫でられるということや遊んであげることは、非常に重要です。
普段からいろいろな人に撫でられていたりする犬は、獣医師の診察やトリミングに行く際にも
問題なく対処できます。
また遊びの中で危険なことや、やってはいけないことを飼い主と共に学習していくことができます。
飼い主との触れ合いは、お散歩のときだけで、あとは鎖につないでおくということは
決してないように心がけてください。
◆犬の習性を理解する
犬の社会は絶対的な縦社会です。
つまり犬は自分を中心に誰が上位か下位かを敏感に判断します。
下位の犬は上位の犬に従うという習性を持っています。
つまり新しく子犬を迎えられる家族にとっては、たかが犬であっても
犬はその家族の上位下位を敏感に感じ取り、自分よりも上位の人のいうことしか
聞かなくなってきます。
こうした犬の基本的な習性を理解した上で、犬の気持ちになって考えてみてください。
〔犬のきもち〕
@家庭の長(ご主人様)というのは犬は無意識の中で察知します。
A厳しいけれども優しく遊んでくれる人が上位
B餌をくれる人は決して上位とは限らない。→犬にとってはむしろ都合の良い存在。

よく、犬が可愛そうでついお菓子などをあげてしまったり、普段はあまり構ってあげないのに
餌だけあげている人は、犬にとって都合のいい存在になるケースが多いです。
犬との主従関係をいかに構築していくのか・・・。
それはまずは飼い主が犬にとってのよきリーダーになっていくことからはじまります。
【犬のよきリーダーになるということ】
◆リーダーになればしつけは容易
犬にとってリーダーが絶対的であれば、基本的にはすべての指示に従うのはごく当たり前のことです。
犬にとってリーダーであるという関係が確立していれば、しつけはもとより、
基本的な動作や芸などを教えるときにも容易にこなせるようになります。
犬にとって、その群れ(人間社会の家族)のリーダーである飼い主の存在は絶対的です。
飼い主が嬉しければ、犬も嬉しいし、飼い主が喜べば犬も喜ぶのです。
それだけリーダーの存在は大切だということを理解してください。
【基本的な動作のしつけ方】
◆掛け声と動作は統一すること◆
飼い主が犬に対して何か指示を与えるとはや褒めるときも叱るときも、常に同じ調子では、
犬は褒められているのか叱られているのかがわかりません。
また、家族がバラバラな掛け声では犬が混乱してしまい、指示通りには動いてくれません。
『オスワリ』なのか『座れ』なのか家族全員であらかじめ決めておきましょう。
◆叱らない◆
最初から何でもできる子はまずいません。
『知らない』『できない』ことを教えるのですから、できないからといって叱ってはいけません。
叩く事も逆効果になってしまいます。
根気強く何度も繰り返して教えていくことが重要です。
◆できたらすぐに大げさに褒める◆
指示したことがたとえ数秒でもできたら、すぐに褒めてあげてください。
しかも大げさに褒めてあげることが重要です。
これを何度も繰り返すことで、長時間の指示にも従えるようになってきます。
そして最後に『よし』などといって指示を解除してあげます。

※よくできた時には犬用のおやつをあげても効果的です。
【トイレのしつけ】※まずはここからスタートするのが一般的です。
◆失敗しても叱らない◆
オシッコやウンチを失敗しても叱らないことです。
子犬ならなおさらのことです。
失敗したことを責めるとトイレ自体が犬にとってとっても嫌な存在になってしまいます。
犬のトイレ習性は大体パターンが決まっていますので、そのシグナルを見つけたら、
まずは失敗させないように飼い主が先導してあげて成功事例をたくさん作ってあげることです。
★排尿や排便の時間やパターンは大体決まっています。
寝ていて起きた時や食事や水分をとったとき、運動した後など、ある程度、予測ができるので、
素振りを見せたら指定の場所まで連れて行きます。
※オシッコの時は、たいていクンクン地面をかぎまわします。
※ウンチの時も地面をかぎまわしますが、する前にクルクルと廻ります。
トイレのしつけが無事にクリアできましたら、以下のしつけにチャレンジしてみてください。
◆その他のよくあるしつけについて◆
@無駄吠え   A飛びつき   Bなんでも噛む  Cリードを引っ張る   D食糞
  Eアイコンタクト
最近は多頭飼いがとても増えてきています。
留守がちなご家庭などの場合、遊び仲間がいることでストレスや寂しさも
解消されることも多々ございます。
ぜひ新しい家族を検討されませんか?

◆最近とても増えてきている多頭飼いについて◆
最近、多頭飼いの方がとても増えてきております。
理由はいくつかありますが、一番の理由は飼い主が外出されることが多く、
一匹でのお留守番が可愛そうだからという想いが多くなっています。
本来であれば、飼い主と愛犬とは常に一緒がベストなのですが、
最近では社会的なライフスタイルも変化しつつあり、その中で子供ではなく犬の大家族化
というのが増えてきているのではないでしょうか?

@外出が多く、一頭でのお留守番が可愛そう。
A相棒がいたほうが遊び相手ができて犬のストレスは軽減される。
B一頭でも二頭でもお世話は同じ。ならば犬と一緒の大家族を満喫したい。


また、一方でちょっと好ましくないともいえるちょっと変わった理由もあります。
@手塩に育てた愛犬がもう年を取ってしまっているのでいつどうなるかわからない。
  今から多頭飼いすることよって、その時の精神的なダメージを軽減したい。
A数頭でお散歩に出かけるのがどことなくファッション的で格好いい。


後の二つはいささか疑問ですが、最近の多頭飼いの理由は千差万別です。
いずれの理由でも、飼い主がきちんと責任もって多頭飼いするというのが最前提です。
人間中心のライフスタイルもさることながら、生活環境がきちんとされていて、
犬にとってもそれが幸せな環境になるのであれば、私は多頭飼いは大賛成です。
最近の多頭飼いが増えてきている事象はそんな変化が現れているのかもしれません。
多頭飼いを検討されていらっしゃる方・・・再度、犬にとっての幸せをメインに考え、
そして先住犬との相性も考慮して新たな家族を迎えられることをお勧めいたします。
下記の犬種は、多頭飼いにある程度適した犬種ですので一度ご覧になってください。
(ただし、先住犬の犬種や性格にもよりますので、ご心配な方はお問合せください)

【大型犬】

ラブラドールレトリバー
バーニーズマウンテン
ゴールデンレトリバー
ワイマラナー

【中小型犬】
ボストンテリア
ミニチュアピンシャー
ミニチュアシュナウザー
ミニチュアダックス
イタリアングレーハウンド
ヨークシャーテリア
トイプードル
チワワ

【子犬の時から多頭飼いしたほうが好ましい犬種】
特に日本犬に関しては、飼い主に対して従順な一方で、一匹狼的で縄張り意識も多く、
独占欲が多い部分もあります。
先住犬が日本犬で多頭飼いされたい場合は、極力、子犬の時から多頭飼いしたほうがよいです。

柴犬
秋田犬