ドッグフードのページ 『わんStepドットコム』

お気に入りに登録
メインメニュー
トップ
経営理念とこだわり
子犬のお問い合わせ
子犬出産情報
        チワワ
        
トイプードル
        
Mダックス
        
柴犬
■子犬お探しサービス
購入までのステップ
通販規約
ネット通販が不安な方へ
お客様アルバム
■プライバシーポリシー
サイトマップ
自動相互リンク登録
自動相互リンク集
リンク集(犬・ペット関連)
リンク集(その他)
お役立ちメニュー
子犬購入前の注意事項
■ベストな子犬の選び方

衝動買いは要注意
認定ブリーダー
通販Vsペットショップ
悪徳ブリーダーって?
愛犬と泊まれるホテル
ドックランって?
上手な子犬の育て方
生体保証制度について
飼育承諾確認について
犬の病気について
ペットのマイクロチップ
よくある質問
犬のしつけ
     
無駄吠え
     
飛びつき癖
     
噛み癖
     
引っ張り癖
     
食糞
    アイコンタクト
■犬の心理学
     ■行動心理
     ■しぐさ心理
     ■ポーズ心理

ペット施設情報
     
ドッグラン
     
犬同伴ホテル
     
ドッグカフェ
     
良い獣医
     
犬しつけ訓練
犬のきもち
     
穴掘り
     
吠える
     
喧嘩する
     
草を食べる
     
顎乗せ
     
こすりつけ
     
ウンチのとき
飼い主の適正チェック
     信頼関係
     
しつけ
     
健康管理
     
お手入れ
     
マナー
ドッグフードについて
     
フードのタイプ
     
フードの量
     
フードの回数
犬の病気について
     
子犬の病気
     
老犬の病気
     
小型犬の病気
     
大型犬の病気
     
タイプ別病気
お店のページ
店長のブログ
スタッフ紹介
◆ドッグフードの選び方◆
【子犬から成犬への成長段階で注意すること】
フードの与え方には単純に価格やブランドで選んではいけません。
その犬種やタイプに合ったフードを時期に応じて与えることが重要です。
小型犬、中型犬と大型犬では、体重1キログラムに対する必要なカロリーはほとんど変わりません。
ただし、カルシウムに関しては大型犬の方が必要量が少なくなっています。
タンパク質に関しては、大型犬は、子犬の時期がもっとも摂取が必要であり、
脂肪のほうはそれほど必要としません。
このように、栄養のバランスは犬種のタイプと発育時によって、栄養のバランスが
とても重要となっており、カロリーやカルシウムをメインとしたサプリメントなどは
あまり好ましいことではありません。
人間の子供のような感覚でカルシウムの過剰な摂取は、かえって発育の障害になりかねませんので
注意してください。
【犬のフード雑学】・・・・・なぜチョコレートは食べさせてはいけないのか?
一般的に犬に害が生じる食べ物の中で、ネギ類やチョコレートがいけないと
言われていますが、単によくないといわれているだけでなぜいけないのかまでは
詳しく理解されていない方も多いと思います。
チョコレートは、原料のカカオの中に含まれたテオプロミンという成分が
犬にとってはもっともよくないために、それによって心臓や臓器を刺激して
中毒症状やショック症状を起こすあります。
とにかくお子様がいらっしゃるご家庭においては、お子様が食べているチョコレートには
十分注意してください。
チョコレートのみならずココアなどのカカオ成分が入っているものはすべてダメです。
【犬の成長過程とは?】  子犬から成犬までの期間
・大型犬(ラブラドール、ゴールデン、シェパードなど)・・・・・1年〜1年半
・超大型犬(グレードデン、セントバーナードなど)・・・・・約2年
すべての犬種に関しては、一歳をすぎたら成犬用のフードに切り替えてください。
小型犬の成長は大型犬に対してとても早い反面、大型犬はゆっくりと成長し、
五歳すぎからは老化現象になります。
→わんStepドットコムトップページへ  (子犬を購入検討されている方へ)

→ドッグフードのページトップ
→ドッグフードのタイプについてのページ
→ドッグフードの量についてのページ
→ドッグフードの回数についてのページ