犬の行動と習性 ウンチの前に廻るのは? 『わんStepドットコム』

お気に入りに登録
メインメニュー
トップ
経営理念とこだわり
子犬のお問い合わせ
子犬出産情報
        チワワ
        
トイプードル
        
Mダックス
        
柴犬
■子犬お探しサービス
購入までのステップ
通販規約
ネット通販が不安な方へ
お客様アルバム
■プライバシーポリシー
サイトマップ
自動相互リンク登録
自動相互リンク集
リンク集(犬・ペット関連)
リンク集(その他)
お役立ちメニュー
子犬購入前の注意事項
■ベストな子犬の選び方

衝動買いは要注意
認定ブリーダー
通販Vsペットショップ
悪徳ブリーダーって?
愛犬と泊まれるホテル
ドックランって?
上手な子犬の育て方
生体保証制度について
飼育承諾確認について
犬の病気について
ペットのマイクロチップ
よくある質問
犬のしつけ
     
無駄吠え
     
飛びつき癖
     
噛み癖
     
引っ張り癖
     
食糞
     ■アイコンタクト
■犬の心理学
     ■行動心理
     ■しぐさ心理
     ■ポーズ心理

ペット施設情報
     
ドッグラン
     
犬同伴ホテル
     
ドッグカフェ
     
良い獣医
     
犬しつけ訓練
犬のきもち
     
穴掘り
     
吠える
     
喧嘩する
     
草を食べる
     
顎乗せ
     
こすりつけ
     
ウンチのとき
飼い主の適正チェック
     信頼関係
     
しつけ
     
健康管理
     
お手入れ
     
マナー
ドッグフードについて
     
フードのタイプ
     
フードの量
     
フードの回数
犬の病気について
     
子犬の病気
     
老犬の病気
     
小型犬の病気
     
大型犬の病気
     
タイプ別病気
お店のページ
店長のブログ
スタッフ紹介
最近は多頭飼いがとても増えてきています。
留守がちなご家庭などの場合、遊び仲間がいることでストレスや寂しさも
解消されることも多々ございます。
ぜひ新しい家族を検討されませんか?

◆ウンチの前にグルグル廻るのはなぜ?◆
【無防備の際の周囲の安全確認】
犬のウンチのしぐさを見るといつもとてもほほえましくなります。
周囲をクンクン嗅ぎまくり、特定の場所をみつけるとクルクル廻ります。
そして後ろ足を前足に近づけて、周囲を見回したり、飼い主の顔をすまなそうに
見ながら排泄します。
誰が教えたわけでもないのですが、どの犬も同じですね。
ごくまれに、ウォーキングウンチを見たこともありますが、個々の犬の習性です。
人間は親からトイレを教えてもらって排泄を身につけますが、犬の場合は習性で
同じ格好です。
犬のウンチ行為は、犬にとっては生理的本能の反面、とても不安なときなのです。
それは周囲に対してすべて無防備だからです。
そのためにその周囲をグルグル廻り、安全であることを認識しているのです。
また、マーキング行為の一つとして特定の場所を定めるということもあります。
【ワンポイントアドバイス】
たまに大衆の面前でウンチをしてしまう犬もいますが、飼い主のしつけ方によっては
きちんと決まった場所や環境でできるようになります。
室内犬であればトイレシートか外となり、室外犬の場合は、犬舎の中か散歩中と
一般的には決まっているはずです。
問題なのは飼い主として赤面してしまうような場所でのウンチです。
たとえば、歩行者天国や大衆が集まっているど真ん中、お散歩中の道路のど真ん中など、
飼い主としてはその場にいたたまれないことも経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?
問題は外でウンチをするときの場所や環境です。
ドッグカフェなどに行くときも、事前にウンチとオシッコはさせたいものです。
そういうときには、飼い主の指示で少しでもいいからオシッコをさせられるしつけです。
この部分は後ほどお話します。
ウンチに関しては、たとえ犬といっても飼い主に言われたからといってすんなり出るものではないです。
たいていは運動の後や、食後となっていますが、犬が安心してできる場所や環境を
いくつか特定してあげることです。
たとえば草むらなり芝生なり・・・。
そとてまずそこに慣らせて『ここは安心なのだ』ということをわからせてあげることです。
そしてそこでできるようになったら、即座にごほうびをあげてください。
そうすると犬としてはウンチを安心してできる場所はここであり、
ここでするといいことがあると学習します。
どうしてもトイレシートでさせたい場合は、常にトイレシートを持参してそこで排泄
させるようにすることも可能ですが、犬の心理からすると大自然の中で心地よく
したいのが本音だと思います。
◆ワンポイントアドバイス (オシッコ編)◆
【オシッコのさせかた】
私のラブラドールのウィルは、指示によってどこでもオシッコができます。
どういうしつけ方をしたのかというと『チッチ』という言葉とオシッコの行動のみです。
お散歩のときに、『はい、ウィル、チッチして!』と言うとその場所でします。
チッチという言葉(号令)をオシッコをしているときに覚えさせて、
その繰り返しでできたらご褒美をあげるというしつけ方です。
最初は、トイレプレートの上をたたいて、『チッチ』という号令を覚えさせました。
その後は、お散歩中にもチッチという号令でオシッコをするまでいい続けて、
できたら即座におおげさにほめてあげるということの繰り返しです。
今ではとても楽で、どこにいってもこちらの指定の場所でオシッコはできます。
→その他しつけに関するご相談はこちら
◆庭や散歩中に土中を掘る理由
◆シャワーの後に身体をこすり付ける理由
◆床や地面にあごをつけて寝る理由
◆飼い主にお尻をくっつけてくる理由
◆散歩中や庭の雑草を食べたがる理由
◆ウンチの前にグルグルと廻る理由
◆チャイムなどに反応して吠える理由
◆最近とても増えてきている多頭飼いについて◆
最近、多頭飼いの方がとても増えてきております。
理由はいくつかありますが、一番の理由は飼い主が外出されることが多く、
一匹でのお留守番が可愛そうだからという想いが多くなっています。
本来であれば、飼い主と愛犬とは常に一緒がベストなのですが、
最近では社会的なライフスタイルも変化しつつあり、その中で子供ではなく犬の大家族化
というのが増えてきているのではないでしょうか?

@外出が多く、一頭でのお留守番が可愛そう。
A相棒がいたほうが遊び相手ができて犬のストレスは軽減される。
B一頭でも二頭でもお世話は同じ。ならば犬と一緒の大家族を満喫したい。


また、一方でちょっと好ましくないともいえるちょっと変わった理由もあります。
@手塩に育てた愛犬がもう年を取ってしまっているのでいつどうなるかわからない。
  今から多頭飼いすることよって、その時の精神的なダメージを軽減したい。
A数頭でお散歩に出かけるのがどことなくファッション的で格好いい。


後の二つはいささか疑問ですが、最近の多頭飼いの理由は千差万別です。
いずれの理由でも、飼い主がきちんと責任もって多頭飼いするというのが最前提です。
人間中心のライフスタイルもさることながら、生活環境がきちんとされていて、
犬にとってもそれが幸せな環境になるのであれば、私は多頭飼いは大賛成です。
最近の多頭飼いが増えてきている事象はそんな変化が現れているのかもしれません。
多頭飼いを検討されていらっしゃる方・・・再度、犬にとっての幸せをメインに考え、
そして先住犬との相性も考慮して新たな家族を迎えられることをお勧めいたします。
下記の犬種は、多頭飼いにある程度適した犬種ですので一度ご覧になってください。
(ただし、先住犬の犬種や性格にもよりますので、ご心配な方はお問合せください)

【大型犬】

ラブラドールレトリバー
バーニーズマウンテン
ゴールデンレトリバー
ワイマラナー

【中小型犬】
ボストンテリア
ミニチュアピンシャー
ミニチュアシュナウザー
ミニチュアダックス
イタリアングレーハウンド
ヨークシャーテリア
トイプードル
チワワ

【子犬の時から多頭飼いしたほうが好ましい犬種】
特に日本犬に関しては、飼い主に対して従順な一方で、一匹狼的で縄張り意識も多く、
独占欲が多い部分もあります。
先住犬が日本犬で多頭飼いされたい場合は、極力、子犬の時から多頭飼いしたほうがよいです。

柴犬
秋田犬