体型タイプ別の犬の病気 『わんStepドットコム』

お気に入りに登録
メインメニュー
トップ
経営理念とこだわり
子犬のお問い合わせ
子犬出産情報
        チワワ
        
トイプードル
        
Mダックス
        
柴犬
■子犬お探しサービス
購入までのステップ
通販規約
ネット通販が不安な方へ
お客様アルバム
■プライバシーポリシー
サイトマップ
自動相互リンク登録
自動相互リンク集
リンク集(犬・ペット関連)
リンク集(その他)
お役立ちメニュー
子犬購入前の注意事項
■ベストな子犬の選び方

衝動買いは要注意
認定ブリーダー
通販Vsペットショップ
悪徳ブリーダーって?
愛犬と泊まれるホテル
ドックランって?
上手な子犬の育て方
生体保証制度について
飼育承諾確認について
犬の病気について
ペットのマイクロチップ
よくある質問
犬のしつけ
     
無駄吠え
     
飛びつき癖
     
噛み癖
     
引っ張り癖
     
食糞
    アイコンタクト
■犬の心理学
     ■行動心理
     ■しぐさ心理
     ■ポーズ心理

ペット施設情報
     
ドッグラン
     
犬同伴ホテル
     
ドッグカフェ
     
良い獣医
     
犬しつけ訓練
犬のきもち
     
穴掘り
     
吠える
     
喧嘩する
     
草を食べる
     
顎乗せ
     
こすりつけ
     
ウンチのとき
飼い主の適正チェック
     信頼関係
     
しつけ
     
健康管理
     
お手入れ
     
マナー
ドッグフードについて
     
フードのタイプ
     
フードの量
     
フードの回数
犬の病気について
     
子犬の病気
     
老犬の病気
     
小型犬の病気
     
大型犬の病気
     
タイプ別病気
お店のページ
店長のブログ
スタッフ紹介
登録されたばかりの可愛い子犬たちをご紹介いたしております。
最近は多頭飼いがとても増えてきています。
留守がちなご家庭などの場合、遊び仲間がいることでストレスや寂しさも
解消されることも多々ございます。
ぜひまた新しい家族を検討されませんか?
◆胴体が長い犬種にかかりやすい病気について◆椎間板ヘルニア
★ミニチュアダックス、ウェルシュコーギーは特に注意
ミニチュアダックスやコーギーなど足が短く胴が長い犬種は、体型の構造上、
背骨を中心とする骨やそれに伴う椎間板が弱いので注意が必要です。
人間でも発症する椎間板ヘルニアも多いので極力脊椎の負荷は避けるようにしてください。
【椎間板ヘルニアとは】
人間でもよく発症する俗にいうギックリ腰といったほうがわかりやすいかもしれません。
椎間板というのは脊椎を構成する骨と骨の間にある組織で、体重を支えたり、脊椎にかかる
衝撃を吸収したりするもので、クッションの役割をしています。
そのクッションの役割をする組織が衝撃や老化によって突出して脊椎の神経を
刺激するために痛みを伴う病気です。
人間の場合はコルセットをしたり、牽引をしたりして治療しますが、犬の場合はなかなか
難しいのが現実です。
【椎間板ヘルニアの対策と予防】
まずは太り過ぎないようにきちんと肥満防止に努めてください。
体重が増えると、それを支える腰に負荷がかかるのは人間も同様です。
ましてや胴が長い犬にとっては、体重がその胴体の長さに比例して負荷がかかります。
そのためにほんのちょっとした動きによって椎間板を損傷することもあります。
階段の上り下りも注意してください。
また、飛びつき癖がある犬は、ぜひそれを止めさせるようにしてください。
発症はなかなかわかりずらいとは思いますが、動きをよく察知してください。
急に動きが減ったり、高いところの上り下りができなくなったりしたら、
一度、痛みがないかどうかを触診してみてください。
◆耳が垂れている犬種にかかりやすい病気◆耳疥癬、外耳炎
★ラブラドール、ビーグル、ミニチュアダックスなど耳が垂れている犬種は特に注意
耳が垂れているということは、耳の中が不潔になりやすいということ。
そして何よりも耳の中が蒸れるので炎症も起こりやすいので注意が必要です。
よく耳をかくようになったり、床に耳をこすりつけるようになったりすると要注意です。

特に多いのは、耳疥癬や外耳炎です。
【耳疥癬とは】
耳の中にダニが寄生して発症する病気です。
肉眼でも見ることはできますが、ミミダニといったダニが耳の中の皮膚に寄生して、
耳アカなどを食べてそこに卵を産み増えています。
【耳疥癬の対策と予防】
前述したとおり、よく耳をかくようになったり、床に耳をこすりつけるようになったり、
頭を振るようになったりしたらまずは耳を見てください。
耳の病気はいずれも耳の中が臭くなるため匂いでわかります。
週に一度は耳の中の手入れをして清潔にしてあげてください。
市販の点耳薬もありますのでそれらを使用するのもいいです。
ただ、犬は嫌がりますのでおやつなどで耳の掃除に慣らすことも必要です。
【外耳炎とは】
原因はさまざまでアレルギー疾患や耳ダニなどにより、耳の中が炎症を起こし、
発症するといったケースが多いです。
耳の皮膚の活性がいいと問題ないのですが、上記のなんらかの影響によって
皮膚の抵抗力が弱まるとよごれが溜まりやすくなり炎症を併発します。
【外耳炎の対策と予防】
耳疥癬と同様で耳の疾患の場合は症状はまず耳をかいたりこすりつけたり、
首を振ったりします。
綿棒などで耳の中を掃除して耳アカが多く、赤くなっていたら点耳薬などで
清潔にして蒸れないようによく乾燥させてください。
◆鼻がつぶれている犬種に多い病気◆不正交合、短頭種症候群、角膜損傷など
★ブルドッグ、パグ、ボストン、シーズーなどは特に注意
鼻がつぶれているという表現がいいのか否かはわかりませんが、
ブルドッグ系のような鼻の構成の犬種を専門的には短頭種と呼ばれています。
鼻という部分は犬にとってはマズルといい、そのマズルの長さが短いものが短頭種といわれています。
【不正交合とは】
短頭種に特に多い病気で、マズルが短いために、口腔内の領域が狭くなり、
成犬時に構成される42本の歯がきちんと重ならないことによって起こることです。
手足が生活上で器用に使えない犬にとって、歯というのはとても重要です。
歯の噛みあわせによって食べ物もうまく噛めなくなったりすることもあります。
短頭種以外でもまれにありますが、オーバーショット(出っ歯)やアンダーショット(受け口)などもそのひとつです。
【不正交合の対策と予防】
乳歯から永久歯に生え変わる際に、まずは乳歯が残っていないかどうかを
確認してください。
もしわからなければ獣医師でわかります。
また永久歯が生えてきても口腔内の容積が少ないため他の歯を邪魔してしまうこともあり、
その場合は歯を抜いたり、削ったりする治療も生じます。
日頃からよく歯のケアをしながらチェックすることをお勧めします。
【短頭種症候群とは】
鼻がつぶれている・・・つまりマズルが短いということは、当然、気道も短いため、
鼻からの呼吸器系疾患を起こしやすくなります。
そのため、通常でも鼻息が荒くなったり、いびきがひどくなったりします。
マズルが短いために鼻孔が狭窄したり、その他の疾患が同時に併発して発症することを
短頭種症候群といわれています。
【短頭種症候群の対策と予防】
短頭種・・・つまりマズルが短い犬というのは、ある意味構造上仕方ない部分もあります。
病気といわれれればそうですが、極端に呼吸器系に悪影響を起こし、チアノーゼを
起こさない限りは、うまく受け入れていくしかない病気です。
もちろん手術で治るものもありますが、呼吸があがらないように運動面で注意したり、
真夏の過ごし方を注意されれば特に命に影響が出るものではありません。
【角膜損傷とは】
短頭種は一般的に目が飛び出ている犬種といわれています。
そのため、お散歩中に何かにぶつかり目を損傷することもよくあります。
角膜に損傷を受けると、炎症により目やにが多くなり、ひどくなると一時的に目が
開かなくなることもありますので注意してください。
【角膜損傷の対策と予防】
万一、急に目やにがひどくなったりした場合は、至急、獣医師に診てもらってください。
日頃から清潔にして生食水などで目を洗浄することも予防としてはいいことです。
角膜の炎症は、早期に見つけなければひどくなると失明することもありますので、
飼い主さんが注意を払い早期に対処することをお勧めします。
◆長い毛の犬種に多い病気◆結膜炎、角膜炎、皮膚炎など
★ヨークシャーテリア、シーズー、シェットランドシープドッグなどは特に注意
同一犬種であっても、ショートヘアーやロングヘアーがあるように、
犬種によってもさまざまなヘアータイプがあります。
そもそも被毛はどのような役目を果たすのか・・・。
それは単に皮膚を守るだけではなく、体温調整する役目もあります。
スムースヘアーにもないとは限らない被毛の病気の中で、特に長毛犬種には
とりわけ多いので日頃のケアをよくなさってください。
【結膜炎および角膜炎とは】
人間もなるように犬も同じ症状となる目の病気です。
よく頭の前の被毛が目にかかっている犬種などがよくかかる病気です。
前に垂れ下がっている被毛によって、それが目に入り、ばい菌などによって
炎症を起こし、結膜炎となります。
また、被毛が目を傷つけると角膜炎となる可能性があります。
【結膜炎および角膜炎の対策と予防】
急に目をこすったり、床にこすりつけたりしたら、すぐに目を見てください。
そのときに、目やにがやけに多かったり、涙目になっていたりしたら、
すぐに獣医師にかかってください。
予防としては、なるべく目の上の被毛が目に入らないようにカットしたり、
結んだりしてください。
定期的に生食で目を洗浄するのも予防としては効果的です。
【皮膚炎とは】
全身に被毛があるということは、被毛によって大切な部分を守っているということ。
つまり犬の場合は全身を保護する役目を持っているのが被毛ということです。
人間の皮膚はある程度の厚みがありますが、犬の場合は人に比べてとても薄いのです。
ましてや長い毛の犬は、普段の行動の中で毛玉ができてしまったりして、
通気性もよくなくなり、皮膚に対してダメージや疾患を起こさせる要因でもあります。
そういう状態で犬が皮膚をかいてしまうとそこから炎症を起こし、それが皮膚炎となります。
【皮膚炎の対策と予防】
みなさんはファミネーターというブラシをご存知でしょうか?
細い針金の塊のようなブラシで、主に被毛の下の部分の毛を削り取るものです。
価格はちょっと高いですが、そういうブラシは被毛のケアにはとても効果的です。
そうしたブラッシングというのは皮膚病にとっては一番の予防となります。
特に長い犬の場合はブラッシングは家の中が毛だらけになるので、
あまり積極的にされる方は少ないかもしれませんが、こうした犬種の皮膚構造を
よく理解され、こまめなブラッシングがとても大切です。
被毛に付着したノミやダニも取れますし、同時に毛玉もとれます。
ブラッシングはそうした原因を回避するための予防とお考えください。
◆最近とても増えてきている多頭飼いについて◆
最近、多頭飼いの方がとても増えてきております。
理由はいくつかありますが、一番の理由は飼い主が外出されることが多く、
一匹でのお留守番が可愛そうだからという想いが多くなっています。
本来であれば、飼い主と愛犬とは常に一緒がベストなのですが、
最近では社会的なライフスタイルも変化しつつあり、その中で子供ではなく犬の大家族化
というのが増えてきているのではないでしょうか?

@外出が多く、一頭でのお留守番が可愛そう。
A相棒がいたほうが遊び相手ができて犬のストレスは軽減される。
B一頭でも二頭でもお世話は同じ。ならば犬と一緒の大家族を満喫したい。


また、一方でちょっと好ましくないともいえるちょっと変わった理由もあります。
@手塩に育てた愛犬がもう年を取ってしまっているのでいつどうなるかわからない。
  今から多頭飼いすることよって、その時の精神的なダメージを軽減したい。
A数頭でお散歩に出かけるのがどことなくファッション的で格好いい。


後の二つはいささか疑問ですが、最近の多頭飼いの理由は千差万別です。
いずれの理由でも、飼い主がきちんと責任もって多頭飼いするというのが最前提です。
人間中心のライフスタイルもさることながら、生活環境がきちんとされていて、
犬にとってもそれが幸せな環境になるのであれば、私は多頭飼いは大賛成です。
最近の多頭飼いが増えてきている事象はそんな変化が現れているのかもしれません。
多頭飼いを検討されていらっしゃる方・・・再度、犬にとっての幸せをメインに考え、
そして先住犬との相性も考慮して新たな家族を迎えられることをお勧めいたします。
下記の犬種は、多頭飼いにある程度適した犬種ですので一度ご覧になってください。
(ただし、先住犬の犬種や性格にもよりますので、ご心配な方はお問合せください)

【大型犬】

ラブラドールレトリバー
バーニーズマウンテン
ゴールデンレトリバー
ワイマラナー

【中小型犬】
ボストンテリア
ミニチュアピンシャー
ミニチュアシュナウザー
ミニチュアダックス
イタリアングレーハウンド
ヨークシャーテリア
トイプードル
チワワ

【子犬の時から多頭飼いしたほうが好ましい犬種】
特に日本犬に関しては、飼い主に対して従順な一方で、一匹狼的で縄張り意識も多く、
独占欲が多い部分もあります。
先住犬が日本犬で多頭飼いされたい場合は、極力、子犬の時から多頭飼いしたほうがよいです。

柴犬
秋田犬
→わんStepドットコム トップページ  (子犬購入を検討されている方はこちら)

→犬の病気について トップ
→子犬の病気のページ
→老犬の病気のページ
→小型犬に多い病気のページ
→大型犬に多い病気のページ

→鼻がペチャっとした犬種に多い病気(ブルドッグ系)
→胴が長い犬種に多い病気(ダックスフンド系)
→耳が垂れている犬種に多い病気(ラブラドール、キャバリア他)
→被毛が多い犬種に多い病気()ヨークシャーテリア、マルチーズ他