ビーグルの子犬 ブリーダー情報『わんStepドットコム』

ビーグル

サイトマップ
お気に入りに登録
メインメニュー
トップ
経営理念とこだわり
子犬のお問い合わせ
子犬出産情報
        チワワ
        
トイプードル
        
Mダックス
        
柴犬
■子犬お探しサービス
購入までのステップ
通販規約
ネット通販が不安な方へ
お客様アルバム
■プライバシーポリシー
サイトマップ
自動相互リンク登録
自動相互リンク集
リンク集(犬・ペット関連)
リンク集(その他)
お役立ちメニュー
子犬購入前の注意事項
■ベストな子犬の選び方

衝動買いは要注意
認定ブリーダー
通販Vsペットショップ
悪徳ブリーダーって?
愛犬と泊まれるホテル
ドックランって?
上手な子犬の育て方
生体保証制度について
飼育承諾確認について
犬の病気について
ペットのマイクロチップ
よくある質問
犬のしつけ
     
無駄吠え
     
飛びつき癖
     
噛み癖
     
引っ張り癖
     
食糞
     ■アイコンタクト
■犬の心理学
     ■行動心理
     ■しぐさ心理
     ■ポーズ心理

ペット施設情報
     
ドッグラン
     
犬同伴ホテル
     
ドッグカフェ
     
良い獣医
     
犬しつけ訓練
犬のきもち
     
穴掘り
     
吠える
     
喧嘩する
     
草を食べる
     
顎乗せ
     
こすりつけ
     
ウンチのとき
飼い主の適正チェック
     信頼関係
     
しつけ
     
健康管理
     
お手入れ
     
マナー
ドッグフードについて
     
フードのタイプ
     
フードの量
     
フードの回数
犬の病気について
     
子犬の病気
     
老犬の病気
     
小型犬の病気
     
大型犬の病気
     
タイプ別病気
お店のページ
店長のブログ
スタッフ紹介
ビーグル 子犬 ブリーダー情報
ビーグル子犬お問い合わせの際のお願い】
お気に入りのビーグル子犬が見つかりましたら、下記の方法にて、
ご購入に関するお問合せをいただくと子犬ご購入に際してのご説明をさせていただきます。
その際、必ずお名前、ご連絡先電話、子犬の掲載番号をお伝えください。
また、お問合せをいただき、ご検討の上、その子犬が気に入らなければ断わっていただいても結構です。
子犬のご購入が決まった段階にて正式なご販売契約書をお送りさせていただきます。
従って、お問合せのこの時点では一切、費用は発生いたしませんのでご安心してお問合せください。
詳しくは購入までのステップをご覧ください。

子犬のお問い合わせは下記のうちからどうぞ◆
@お電話で(0120-856-410)フリーダイヤルお問合せ
A
子犬の写真をクリックして『お問い合わせ』ボタンをクリックしてお問合せ
Bメールの方は
こちらから
◆当店でご購入いただく子犬に関しましては、以下のメリットがございます◆
@すべてが優良ブリーダー子犬で良質な子犬のみを取り扱っています。
A全ての子犬に1年間の生体保証をお勧めいたしております。
B優良ブリーダーからのお届けする為、子犬の遺伝性疾患や感染症疾患の発生率が少ない。
子犬の写真が掲載されていない場合の対応について◆
下記にビーグルの写真が掲載されていない場合は、
現在、掲載できるビーグル子犬ブリーダーの情報がない状況です。
また掲載されていなくても、ビーグルの非公開情報がある場合があります。
万一、写真の掲載がなくても、ご希望の子犬をお探しする
無償お探しサービス
もしくはお電話(0120−856−410)かメールにてお問合せください。
3日以内に必ずご連絡いたします。
→トップページに戻る
→店長お勧めの子犬ページへ
→他の犬種の子犬を探す
→ビーグルの詳細
無償お探しサービス
→ビーグルの詳細
→トップページに戻る
→店長お勧めの子犬ページへ
→他の犬種の子犬を探す
【ビーグルの性格】
もとは猟犬として飼われており、特にウサギや狐が主でした。
狩猟前は数日間もの間、何も食べずに空腹状態にして、野生本能と同種の
食べ物を得るための五感を備えさせ、猟がうまくいくと獲物のごほうびをもらえる
といった習慣でした。
その習慣が今日のビーグルの食に対するこだわりを生ませたといわれています。
ビーグルは食に対しては他の犬種以上にすさまじいので、放置していると
確実に肥満になりますのでしっかりとした食生活が大切です。
【ビーグルのルーツ】
発祥はギリシャで、そまころからウサギ狩りのための犬として飼われていました。
1475年にビーグルという名前が歴史に出始めました。
日本では大きさ(インチ)ごとに三種類あるといわれており、地名がついた
薩摩ビーグルという名まである。
【子犬飼育の目安】
状況判断力 社会性・協調性 健康管理 初心者向き 友好的 訓練好き


※5段階評価で5が満点
【かかりやすい病気】
@意識障害り発作 A椎間板疾患 など
→ビーグルの詳細
→トップページに戻る
→店長お勧めの子犬ページへ
→他の犬種の子犬を探す
◆ビーグルを購入する前に◆
このページは、ビーグル子犬 ブリーダー情報のページです。
ビーグル子犬を購入する際には、よくビーグルの性格や
概要をよく理解した上で購入されることをお勧めします。
@ビーグルの歴史とは?
Aビーグルの性格は?
Bビーグルの飼育については?
Cビーグルがかかりやすい病気は?
Dビーグルの飼育環境は?
Eビーグルのケアは?
Fビーグルのしつけは?
以上の内容に関しては
ビーグルの詳細ページでご案内しています。
◆ビーグルの子犬を購入するにあたって◆
これからビーグル子犬を購入されるにあたっては、不安もおありかと思います。
ビーグル子犬に関する不安、ビーグル子犬購入に関する不安、
ビーグル
子犬飼育に関する不安など多々あります。
当店は、これらのお客様のビーグル子犬に関する不安に対して、
子犬
の購入前から子犬の購入後に至るまで、お役立ちできるサポートをさせていただきます。

ビーグル子犬 ブリーダー情報について】
ビーグルの子犬 ブリーダー情報は不定期に常に新しい子犬情報を更新掲載しております。
気に入ったビーグルの子犬が掲載時に前後してご予約済みとなるケースもございます。
つきましては、気に入られたビーグルの子犬が見つかりましたら、取り急ぎご連絡賜われれば、
その時点のビーグルの子犬 ブリーダー商談情報を適格にご案内させていただきます。


@ビーグルブリーダーについて

平成19年6月より、動愛法が改定となり、法にのっとり行政にきちんと登録していない
ビーグルのブリーダーとは、当店は一切、ビーグルの子犬のお取引をしておりません。
もちろん当店も
動物取扱業登録をきちんとしておりますのでご安心してください。
また、ビーグルの子犬のブリーダーに関しても、JAPeT独自の優秀な
認定ブリーダー
生まれたすばらしいビーグルの子犬ですのでご安心ください。
※単にビーグルの子犬のブリーダーといってもさまざまです。
我々は一般の方では判断がつきにくい
ブリーダーの認定制度を設け、お客様に代わって
子犬やブリーダーの目利きとなり、優良ブリーダーのみを厳選して良質なビーグルの
子犬だけをお届けするのが使命なのです。

Aビーグル子犬の血統と健康について
ビーグルの子犬を選ぶにあたっては、単に血統書だけで判断するのはよくありません。
ビーグルの子犬の血統書というのは、あくまでも判断の一つにすぎず、
大切なのはそのビーグルの子犬のブリーダーにおいてきちんと基準に沿って行い、
ビーグルの子犬のブリーダー環境やブリーダーの衛生面に関しても万全の体制の下で
適格に行われているかどうかということです。
それが優良ブリーダーで生まれた良質なビーグルの子犬としての判断基準ともなります。

Bビーグル子犬を購入について
ビーグルの子犬を購入といっても、子犬をネットで購入することに対してのご不安は
当然おありかと思います。
ビーグルの子犬のご販売にあたっては、ビーグルの子犬に対する
ご販売契約書とビーグルの子犬の
飼育承諾確認書によって
きちんと法的な事前手続きを行った後での子犬のご販売となります。
したがって、今、社会的な懸念の中でご不安のネット詐欺のようなご心配は
一切ございませんのでどうぞご安心ください。

Cビーグル子犬の飼育に関して
ビーグルの子犬を購入した後にも、子犬のしつけや課題などがおありかと思います。
当店でご購入いただいたビーグルの子犬に関しては、
子犬ご購入後からがお客様との接点であり、お役立ちだと考えております。
ビーグルの子犬飼育に関するご質問やビーグルの子犬全般に関する
ご相談に関しては、ビーグルの子犬をご販売させていただいた後も
フォローさせていただきますのでどうぞご安心ください。

Dビーグル子犬の価格について
ビーグルの子犬を購入されるお客様で
「安いビーグルの子犬を探しているのだが」といったお問合せをたまにお受けしますが、
はっきり申しあげますが子犬の価格優先でビーグルの子犬をお決めになられるのは
お勧めしません。
優秀なブリーダーで生まれたビーグルの子犬である上、
ブリーダー直販という流通ルートのため、中間マージンが発生する市場経由のルートとは異なり、
常識的な子犬の価格設定となっております。
また、優秀なブリーダーは、ビーグルの親犬に対しても莫大な投資をされています。
それに加え、睡眠もままならず、外出もできず、常に良質なビーグルの子犬ブリーディングや環境、
ブリーダーの子犬の衛生面に対する時間や投資も計り知れないものがあります。
つきましては、ビーグルの子犬を価格だけで検討されていらっしゃるお客様に
おかれましては、ビーグルのブリーダー状況をよくご理解賜りますようお願いいたします。
価格前提のビーグルの子犬に関しましてはご要望にお応えできかねますのでご了承ください。


Eビーグル子犬のお届けについて
ビーグルの子犬は、ご購入が決まった段階でブリーダーで子犬にワクチンを
摂取した後のお届けとなります。
これはビーグルの子犬だけという事ではなくすべての犬種の子犬も同様です。
ブリーダーから送られる子犬のワクチン証明書を大切に保管してください。

Fビーグル子犬を迎えるにあたって
ビーグルの子犬を迎える準備として、ビーグルの成犬時を想定し、
ビーグルの子犬から成犬に適したケージやサークルをご用意いたください。
ビーグルの性格や体型を考慮し、まずは必要最小限のものだけを準備することをお勧めします。
また、ビーグルのブリーダーで与えていたドッグフードをお伝えしますので、
ブリーダーで与えていたドッグフードを購入し、子犬の成長に合わせて子犬に合った適量とタイプで
決められた回数で与えてください。
特にビーグルの子犬専用のフードということではありません。


Gビーグル子犬の受け取りと最初のしつけ
ビーグルの子犬を受け取るのは、ほとんどが空港となりますが、
まず購入されたビーグルの子犬に間違いないかなどをご確認ください。
お届けされたビーグルは、輸送用の子犬ケージに入って手渡されます

→子犬の空港での受け取り動画@
→子犬の空港での受け取り動画A

・購入されたビーグルの子犬かどうかの確認
・購入されたビーグルの子犬の性別の確認
・購入されたビーグルの子犬の毛色の確認
・ビーグルの子犬の健康状態の確認
・ブリーダーから添付されたビーグルの子犬のワクチン証明書の確認

ビーグルに関わらず、子犬は輸送のストレスと環境の変化で疲れています。
ビーグルの子犬を受け取りましたら、寄り道をせずに真っ直ぐご帰宅ください。
また、ビーグルに関わらず、ほとんどの子犬は2〜3日は夜鳴きをします。
ブリーダーで親犬といた環境から変わり、本能的な寂しさを感じているのです。
ブリーダーで与えていた親の匂いがするタオルなどを与える場合もありますがお勧めしません。
いつまでもブリーダーの親犬との環境から精神的に離れられないからです。
新しい環境に慣らすためにも子犬が鳴いても決してベッドなどに連れて行かずに放置してください。
可愛そうですが、それが子犬のため、そして新たな家族として迎えたビーグルの
子犬の将来のためにも、社会性を身につけたビーグルの子犬としての最初のしつけなのです。


Hビーグル子犬の健康チェック
ビーグルを迎えた初日から、ブリーダーからの環境変化のため、
ビーグルに関わらず、子犬のストレスが過敏に反応して稀に子犬が
下痢を起こすケースもあります。
ブリーダー段階では駆虫はしておりますが、稀に子犬の腹に残っているケースがあります。
その場合は慌てずにご連絡ください。


Iビーグル子犬との出会い
ビーグルの子犬を迎えてからがいよいよスタートです
・受け取ったビーグルの子犬の確認とチェック
・ビーグルの子犬を受け取った初日はゆっくり休ませる
・ビーグルの子犬を迎えた最初のしつけ
・ビーグルの子犬のお散歩デビューは最後のワクチンの一週間後
・ビーグルの子犬のしつけは半年が勝負
・ビーグルの子犬の健康の見極めと対処


ビーグルの子犬の頃からのしつけ
ビーグルの子犬から成犬に至るまでの犬の心理を知っておこう
ビーグルの子犬から成犬に至るまでの犬の気持ちを理解しよう
ビーグルの子犬の新しい親としての飼い主チェック
ビーグルの子犬にかかりやすい病気

ビーグルの子犬と旅行に行こう